引っ越しに備えて梱包する|引っ越しの準備を始める前に必要なこととは
引っ越し情報局

引っ越し情報局

確認事項を把握したら引っ越しの準備作業にとりかかろう

引っ越しに備えて梱包する

室内

生活に使わないものから梱包しよう

まずは生活の中で使わないものから梱包していきましょう。うっかり必要なものをしまってしまうと、取り出して使ったり、しまいなおしたりすることが大変です。引っ越しの準備で重要なことは、引っ越し準備の最中も日常生活の一部であるという意識です。新しい生活に思いをはせるあまりに、つい現在の生活への意識がおろそかになってしまいがちなのです。

重いものと軽いものを分ける

梱包には重いものと軽いものを分けて入れることが重要です。同じダンボールに入れてしまうと、気を付けていても傾いて潰れたり、バランスを崩しやすくなってしまったりするのです。また重いものは、なるべく小さいダンボールに入れることも重要です。大きいダンボールに入れてしまうと、他の荷物を詰め込むことになりますし、持ちづらささも上がってしまうからです。

刃物などの扱いに気を付ける

包丁などの刃物や尖ったものは鞘などに納めて、絶対に外れないようにテープで巻きつけて、しっかりと固定しておきましょう。刃物であることが分かりやすいように、柄の部分は隠れないようにすることを気を付けましょう。またその他にも持ち運びに危険があるものは、事前に引っ越し業者と相談して確認しておく必要があります。

荷物には品名や誰のものかを書いておこう

荷物を紛失してしまったり、荷解きを行なう時にどこにあるか分からなくなったりしないように、きちんと品名や誰のものなのか名前を書いておきましょう。荷物は取り出すときに困らないように中身が分かるようにして、取り出す順番なども書いておくとなお良いでしょう。また、積み重ねてもきちんと見られるように書く場所と、置き方などにも注意しておきましょう。

引っ越し業者に相談しておく

引っ越しのポイントとして、梱包作業に入る前に引っ越し業者に相談しておくことが最重要です。梱包を自分で行う場合でも、適切なアドバイスが得られることでしょう。また、業者が用意しているプランによっては、梱包から荷解きまで任せたほうが結果的に安く済んだり、決まった数に抑えることで大幅に安くなることもあります。そのため、作業に入る前に相談することが、引っ越しの準備で特に重要なのです。

広告募集中